てるみのブログ

弥勒~みるく~ホームぺージ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 関内に自分の作品を見に行って来ました。 | トップページ | ぼくが良かろうと思ってすると余計なお世話になる。 »

2011年11月16日 (水)

顕幽相纏わりながら祭りが始まりました。

神殿に集う方たちを見ていて、法主さんが何かのおりに言っていたことを思い出しました、祭りというものは霊界と人界が纏わりながら楽しむもので、そこから纏わり、、、祭りとなったのだと。
霊界は案外孤独な世界でそこにいる人相互はあまり交流ができないのだけど祭り、、を人がやることによって顕幽も霊界人同士も交流ができるのだという。

唄う前の満席の会場の人を見渡しながら、これこそ祭だなぁと思い「見えないひともみえる方もどうか一緒にお楽しみくださいね」と瞑目してからライブをはじめました。、、、、、、
なにか下の写真を見ているうちに付け足したくなりました。

いま友人から、大倭の写真が届いた。
「白ひげメガネのヘビ役者」がとても良く撮れていますのであらためてここに再録します
。みんなの素敵な表情を見てください。

杖は先が蛇の頭になっていて微笑ましい。
当日BOOたちは白ひげさんにほめられました。
「蛇をテーマにした唄を作った人はあなた達が初めてだよ」

ふふふ、、僕もこんなに蛇をこよなく愛している人に会ったのは初めてです。
彼はぼくにとって最年長の親友になってくれました。
来年雪が溶けた頃また川上村にご一緒させてもらおうと思っています。

Img_8393

Img_8397

Img_8324
岸田さんと古武道家甲野さん

Img_8398

BOO

« 関内に自分の作品を見に行って来ました。 | トップページ | ぼくが良かろうと思ってすると余計なお世話になる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111163/53256706

この記事へのトラックバック一覧です: 顕幽相纏わりながら祭りが始まりました。:

« 関内に自分の作品を見に行って来ました。 | トップページ | ぼくが良かろうと思ってすると余計なお世話になる。 »