てるみのブログ

弥勒~みるく~ホームぺージ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ

2011年11月

2011年11月29日 (火)

まだまだちきゅうじんをつづけよう

Pb170030

ぼくのまわりのひとはもんなみんなすてきなひとばかり

いいひとだらけ

でも

ひとのかずがおおきくなって

しゃかいというものをつくりだすと、、

せんそうがはじまり

せいそうがはじまり

かがやきをうしなっていく

ぼくにはなぜだかわからない

いくらかんがえてもわからないから

ちきゅじんを

まだまだつづけよう

BOO

体がアップアップになりました。

二俣川のテラノホールに向かった。
弥勒ライブとふたりのろうけつ作品展へ。

温かい雰囲気のゆったりしたライブでした。

僕は2部に体調を崩して座りながら歌った。
ハーモニカも息が吸えなくて声も長い音を出すことができませんでしたが、照美が頑張っていいライブにすることができました。

Img_4338友人たちが今日も立派に展示してくれました。また今日も作品顔嫁入りしてくれました、、、ありがとう。

Img_4339

Img_4340

Img_4344

Img_4346

Img_4347

Img_4354

Img_4356

Img_4365

Img_4377ぼくの顔がきつそうなので友人が朝連絡してきてくれました。ふふ、、、、ありがたいなぁ。

Img_4383

倒れそうになった後次の日病院に定期診察に行ってポンちゃんの影響であったことがわかりました。

明日から胸に溜まっている水を吸入することになり3日間の入院をすることになりました。
お医者さんは抗癌剤を何度か提案していたのですが、ぼくの意志が決まっているのを理解してくれて、手術、抗癌剤、長期の入院はしないで在宅の医療を続けることに理解してくれました。

 

声が出なくなった原因がわかったので治り次第新しいCDを作り始めることに決めました。
また体調の良い日は旅行やライブもしようと心に決めましたので皆さんよろしくおねがいいたします。

 

まだこれからのぼくの体がどうなるか決まったわけではありません。
唯自分では決めることができないことでありますから、おおきなものに身をまかせまわりを信じ感謝して私たちでできることを尽くしていこうと思っています。

 

BOOは手術入院した時からこころは何も動揺していませんから今までどうり我が家にも遊びに来てくださいね。

 

今の僕たちのことは照美のブログに詳しく書いてありますよ。ふふふ、、、、なんかあンまりパソコンに向かっていませんので、、、あ~~いそがしいいそがしい。

 

てるみにブログhttp://yokoiterum.exblog.jp/

 

BOO

2011年11月24日 (木)

港南公会堂でコンサート。友人にいっぱい助けられながら!!

今日は朝早くから港南区公会堂へ。
協同組合の催しの特別ゲストでライブをしました。
BOOの作品の展示もしてもらったので時間的には長丁場になりました。
途中2回ほど控え室でシュラフにくるまり眠りました。

今日も友人たちが4人、、荷物運びや、作品展示販売とサポートしてくれてほんとうに助かりました。

BOOは唄は歌えるのですがまだまだ重いものを運んだりするのがまるでできないのでみなさんの助けがなければ何も出来ないのです。
でもぼくが気が付かないことまでこころをこめてお手伝いして頂き、、、友人のありがたさが身にしみています。
途中では「なごみのヨーガ」のインストラクターをしている友人Mさんの施術でスヤスヤ寝てしまったり。ふふふふ、、、こんな幸せな歌い手はいないなぁとおもいました。

Imgp0238

Imgp0261

Imgp0253

Imgp0250_2

Imgp0247

Imgp0241

さて、、ライブは40分BOOのピアノも交えて、、こういう集まりにはめづらしい全員のアンコールコールに僕は森の謌「ゆらりん」をうたいました。
会場からは、、「可愛い」との掛け声が、
後でそのかたがぼくのとこにて「小学生のように可愛かったよ」って、、、、僕もうれしかった。

BOO

2011年11月23日 (水)

麻賀多神社の新嘗祭に舞いと歌を奉納してきました。

忙しくてなかなかブログ書けないので、、、我が家弥勒コンサートは照美のブログをみてくださいね。http://yokoiterum.exblog.jp/

きょうは千葉の麻賀多神社の新嘗祭に行って来ました。
神社に大幣を奉納したAさんや友人と。
僕たちは舞の奉納をしました。
もうめが回りそうなしあわせな時間でした。
唄をうたいながら弥勒は幸せなユニットだなぁと本当におもいました。
てるみの正装に近い舞を横目で見ながら、、、、ここはどこ、どこ?なんだろうと思いながら心いっぱい演じました。

Imgp0206

Imgp0209

Imgp0211

Imgp0217

Imgp0225

Imgp0230

直伝霊気、、を使えるようになったよ~~。 でも今は自分にね!!

昨日一昨日は「直傳靈氣」の講習に行って来ました。
もうBOOの体は霊気を出せる体になったので、今日の麻賀多神社奉納に向かいながら車の中で寝転びながら自分に霊気を送りました。ふふふ、、、今度お会いした人には送らせてくださいね。

でも2日目の講習はきつかった、、、朝から夜までびっしりの時間、、何回か倒れそうになりました。

BOO

2011年11月19日 (土)

小学校でのライブ、、、キラキラ瞳に囲まれました!!

朝はやく、、小学校の子供達にライブをしに行った。
昨年から1年ぶりでみんな弥勒をおぼえていてくれた、。
今回は友人サポートふたり、、BOOは座っているだけで音響などの準備が終わった。、、、、、ありがたい。

こどもたちの瞳がキラキラしててよかった~~~。

Pb190075

Pb190082
三線のこと。

Pb190084みんなの見てる前で鳩間節の衣装を着ていく照美(みんなの以前できるのは今回が初公開です!!)

Pb190088

Pb190091

Pb190096僕たちの絵本「ここにいるよ」BOO朗読!

Pb190102衣装は女の子たちの人気爆発、、、、全員が着用して記念写真

お外は雨でしたが教室はず~~~っとぽかぽかした空気が流れていました。

今日はおうちに帰ってサモア島からきた友人を含めて5人で明日の「我が家ミニライブ」への準備を始めます。

おかげさまで大して宣伝しないのに満席をオーバーすることになりました。

Imgp0150

Imgp0151

かえってうちでパーティ、、、サモアからきたソラちゃんが突然クラシックを弾いてくれた。
ピアノ聴いて始めて涙が出たよ。

明日はジャズピアノの高野さんも来るからこれも楽しみだなぁ。

ありがとう。

BOO

2011年11月18日 (金)

ぼくが良かろうと思ってすると余計なお世話になる。

今週も来週もちょっと忙しい。
あいまに友人が三々五々遊びに来てくれている。
気が晴れてとても嬉しいこと!!

本当に気軽に来てくれるので人生相談などではなく。
BOOも勝手に思いついたままのことを話したり、、、そんな感じがまたとても楽しい。

だいたい人はその人の人生の設計図をうまれたときに描いていただろうし、、ぼくが良かろうと思うことはその人にとっては違うことがほとんどだと思う。
苦悩を体験するための設計図を持って生きている人に、安易な解決法に導くのは余計なお世話になってしまうとぼくは思うのです。

昔はそんな余計なことをしてうまく行かなくなることが多かったけど。今はそんなことはしないからね。
でもそういう話を聴くだけはとても好きなので、たまには真剣な人生相談、恋の苦悩とか、、持ち込んでくださいね。ふふふ、、

ぼくの今の病ももしかしたら自分で今の年になってそうなるように決めていたのかもしれないし。
手術前に、「BOOさんはやりたいことは全部したんだから、、、もうここらでむこうにいってもいいんじゃないの?」といってくれたひともいるし、BOO自身も心のどこかで「う~~んもういいかっ」て思っている部分がある。

僕たちは二人で一つの人生を歩んできたと思っています。。
今、日常のこと、食事、湿布、精神的な支えをくれている照美と、これからもまだまだ一緒に歩きたいから、、これからもふたりで決めていくことでいこうと思っています。実際僕一人だったらどうでもいいとおもっちゃったかもしれません。
パートナーはもしかしたら自分より大事な存在なのかもしれませんね。

だから照美には「チューブつけて眠ったままでベッドなんていうのはしないでね。とかセレモニーなんかしなくていいし散骨でいいよっ」ていっています。

人はだれでも死に向かって行進しているのだからそんな話はごく気楽にみなさん達も日常すればいいんじゃないかぁ。、、、、、普通の事のようにね!

サー明日はこどもたちの前で歌ったり踊ったりする。
そして明後日は我が家での弥勒コンサート、そのつぎの日はBOO一人で町田の直傳靈氣の講習会に2日間いく。、、、

そして次の日は千葉県の麻賀多神社に奉納演芸。、、、、、う~~ん過密スケジュールですね。
でもみんなが機材運んだりいろいろサポートしてくれるのでBOOには負担がかからないようになっているのでできること。

友人にはいっぱいいっぱいの感謝です。

BOO

2011年11月16日 (水)

顕幽相纏わりながら祭りが始まりました。

神殿に集う方たちを見ていて、法主さんが何かのおりに言っていたことを思い出しました、祭りというものは霊界と人界が纏わりながら楽しむもので、そこから纏わり、、、祭りとなったのだと。
霊界は案外孤独な世界でそこにいる人相互はあまり交流ができないのだけど祭り、、を人がやることによって顕幽も霊界人同士も交流ができるのだという。

唄う前の満席の会場の人を見渡しながら、これこそ祭だなぁと思い「見えないひともみえる方もどうか一緒にお楽しみくださいね」と瞑目してからライブをはじめました。、、、、、、
なにか下の写真を見ているうちに付け足したくなりました。

いま友人から、大倭の写真が届いた。
「白ひげメガネのヘビ役者」がとても良く撮れていますのであらためてここに再録します
。みんなの素敵な表情を見てください。

杖は先が蛇の頭になっていて微笑ましい。
当日BOOたちは白ひげさんにほめられました。
「蛇をテーマにした唄を作った人はあなた達が初めてだよ」

ふふふ、、僕もこんなに蛇をこよなく愛している人に会ったのは初めてです。
彼はぼくにとって最年長の親友になってくれました。
来年雪が溶けた頃また川上村にご一緒させてもらおうと思っています。

Img_8393

Img_8397

Img_8324
岸田さんと古武道家甲野さん

Img_8398

BOO

2011年11月15日 (火)

関内に自分の作品を見に行って来ました。

旅にでる日に応募展に僕の娘がかわりに持って行ってくれていた作品が2枚展示されているので行きました。
久しぶりに電車でいこうとおにぎりを持って出かけました。

もうぼくの作品は小さくてほかは大きな作品ばかりでした。
思ったよりずーっと素敵な雰囲気でした。

Cimg0091

Cimg0105

Cimg0104

Cimg0103

Cimg0102

Cimg0094

ここに応募したのは、、病院に入院していた時のある出会いがきっかけでした。
ロビーでデッサンをしている患者さんがいたのでお話をしたのがきっかけで、退院したら応募する約束をしました。
彼はその応募展の会員だったのです。

きょうはまた不思議なことがありました。
朝電話がり~~~ん、、、埼玉の鳩山町の友人からでした。
彼の御家で2年ほど前にライブしたときに持って行ってそのままおいてきた作品が売れたというお知らせでした。
同じ日にろうけつ絡みが2つ。

はは、、、これは怠けずに作品をどんどん作れというお知らせなんだろうな!!

よ~~しやるぞ~~~。

BOO

2011年11月14日 (月)

大倭紫陽花邑、、らいぶ。幸せオーラいっぱい!

みなさ~~ん

奈良大倭紫陽花邑、矢追日聖さん生誕100年記念奉納演奏に行って帰って来ました。
退院以来の最長距離の旅なのでぼくの体調のことで皆さんにもご心配を掛けました。

それで行き帰りに東名を降りて三河のビジネスホテルに2泊してワンクッションをおいての旅にしました。

三河から大倭に向かう前に三河一宮、砥鹿神社に参拝しました。

Pb120008

大倭についてからはもうココロが高揚して、体のことも忘れ時々構わず床に寝ながら話をお聞きしたり;;皆さんからも何人かにあ==もうねころびながらいなさい、っていっぱい優しい言葉をかけてもらいました。
大倭での一日目はいろんなかたと旧交をあたためてうれしい時間になりました。

講師の武道家甲野さんに日本刀で「気」を入れてもらったりもしました。ふふふ、、、そのあとなんか声が良くなったって言われましたよ。

Pb120024

二日目はいよいよライブ、。
僕たちの他の5人の方たちは舞踊、尺八、琴の名手ばかり。

Imgp0098

Imgp0107

かいじょうの神殿の大広間は満席300人ほどかなぁ。

弥勒のうたの中でのメインはなんといっても「ヘビのうたでした。会場が拍手と笑いに包まれて幸せオーラがいっぱい飛び回っていました。
ギターでの前奏
に、「白ひげメガネのヘビ学者」こと井出さんが杖をつきながらはいってきて、哲さんのヘビのぬいぐるみを片手のや、、踊りなども入り我が家の帰ってきた今もこころの中の渦巻きが止まりません。

Imgp0104

Imgp0109

楽しさから言えばこんな楽しいライブはそんなにないだろうなぁとおもいました。

それと今回も急遽、大和高原から駆けつけてきてくれた友人のパートナーがPAの設定機材運び、、ライブでのパーカッションのサポート、友人のリコーダーの演奏で弥勒ライブにいっぱい花を添えてもらいました。
手術で退院後のライブは本当に友人たちのサポートにいっぱいたすけられました。
てるみは回復半ばの僕を支えて車の運転から機材の運搬、、その他雑用が増え本当はアップアップでした。
でもどのライブでも必ず誰かが現れてくれて何とか無事にライブをすることができました。
感謝いっぱいです。

Imgp0138

本当に助かりました、、、ありがとう。

素敵な企画ありがとう。

BOO

2011年11月10日 (木)

明日奈良の大倭紫陽花邑に向かいます。

いよいよ明日から奈良に向かう。
大倭紫陽花邑、、僕たちの敬愛する顕幽両界の方たちとお会いできる2日間!、づーっと前から心が震えている。

大倭の矢追日聖さんとBOOとのむかしの出会いのことは月刊大倭の中に書きました。ぜひお読みください。
http://www.ohyamato.jp/ohmotomiya/pdf/oymt201107.pdf

矢追日聖さんの生誕100年の集まりでライブをします。
ここでお会いし、吉野の山奥に一緒に行った『白ひげメガネのヘビ学者』さんの歌もうたいます。

 

思えばここの人たちとお会いするたびに何かを頂きいき方を修正してきたようなきがするなぁ。

 

ありがとう。

Pb100001

ふふふ、、、明日の旅に連れていくんですよ。

Pb100003100年祭のライブのラストに歌おうと思っている「ありがとう」、、、の作曲をしているてるみ、、、、、ぼくの詩がなかなか出来なくて、、、ぎりぎりになってごめんなさい。
でも自分的にはとてもいい詩ができたと思います。

 

BOO

2011年11月 9日 (水)

我が家で『なごみヨガ』を初体験しました。

きょうは友人が来て『なごみヨガ』を教えてくれた。
頭から足先までゆるゆる2人一組になってぼ~~っとする不思議なひとときを過ごしました。

Pb090153

Pb090154

無理な動きとか力を込めることもなく大人と子供、、お年寄りでも全くOKの楽しさでした。
べちゃくちゃ喋りながら、、、、またその中身がとても体と心にいいのです。、、、、、と言うよりなごみヨ~ガをやるとそういう隙間がいっぱいできるのでそれぞれが知らずのうちにぺちゃくちゃ状態になりますね。

その後のお話はいっぱい健康のことなどを語り合いました。

9月からのBOOの体験の学びもなにか役に立っているようで嬉しかったなぁ~~

ありがとうね~~

また日にちを決めて我が家でやりますからね~~。お見落としなく。

また、11/20の我が家でのはじめての試み、弥勒ミニコンサートと雑穀料理の集いはおとな9人、子ども2人で満席に近くなりました。
たぶんまた実りの多いい日になりそうな気がします。

BOO

2011年11月 8日 (火)

BOOのひとりごと

前日のブログでライブへのおもいを少し書きました。
もう少し書きますね。

ぼく的に言うとライブは、人と水平につながってそして、、、もっともっと謙虚なひとになりたいのです。
音楽のそういう力に肩を押されて、謙虚でお馬鹿になりたいです。

音楽はぼくの得意技でもありますがそのままなら上から目線になることもありうるのでそこが一番怖い所でもありますね。
芸能の一番危ういことなのです。

といってもそんなことになかなか気が付かないのが鈍いBOOなのです。

ぼくの安全弁はいつも照美が気がつけさせてくれます。
一人の僕はとても愚かなんです。

きょうのBOOひとりごと!!

BOO

2011年11月 7日 (月)

手術後の最長時間弥勒コンサート。

9月4に手術してから約一ヶ月、、秩父のおそば屋さんライブで手術後最長の1時間半ぶっつづけ、立ちっぱなしでライブができた。

Pb060123

Pb060136

Pb060131
さすがに少しはつかれたけど、、、笑顔やMCはかかさず歌い終えることができました。
おそば屋さんの築150年の蔵のなか素敵なお客さんとおいしいお蕎麦で胸がいっぱいになりました

お客さんは満席。
スタッフになってくれたレイコさんと、1年ぶりにお会いできたお客さんBちゃんは僕たちと一緒に3年前東京湾荒川河口から三峯山への歩きに参加してくれた人たち、、、これだから友人はいいなぁ。ふふふ、、、、

地元の人達と僕達の語り合いも交えながら素敵な夜のコンサートになることができました。

病後、ちょっぴり自分ながらうたへの気構え、MCの中味が手術前と変わってきたような気がします。

あの時、命を延ばしていただいたことに対しBOOは答えなくてはなりませんから、、、、、、そういうことおざなりにすればなんにも変わらないことになるのです。
だから少し少しBOOは変わっていきたいのです。


うたうことは聴いているひととの水平で成り立つ(自然、神、愛)の疑似体験だと思うようになりました。

自分のこころの中からの声、自然からの声(災害や困難、苦しみも含めて)、、、に気が付かないふりをしていたり自分にはできない関係ないことだと思うことはインスピレーションを無視することになります。
 
無関心と同列です。
頭だけでわかったと思い込むのも同じ事

マザーテレサは『愛の反対語は無関心、、』と言われてたもんね。

皆さんと共有することを通して変わりあいをしたいなぁ~~~

BOO

2011年11月 5日 (土)

また秩父に出かけます。

いくにちか前のブログで、ぶら下がり健康器のことを書きました。
20分ほど離れた公園でそれを見つけてぶら下がった時のとてもいい気持ち!が忘れられず、家の中でやりたいよ~~と照美を困らせたアレがなんと徒歩2分の弁天様の公園にあったのです。

Imgp0066

Pb040118

2分ならうちからちょっと、、、って感じでぶら下がれるし、、、、あ~~~買わなくてよかった!
照美はほっとしたみたいです

明日はまた秩父に行きます。
先日は三峯神社、明日は街中の素敵なおそば屋さん。
三峰の帰りに立ち寄ってお蕎麦もいただきました。、、、、、、おいしかった。

お店は築150年の土蔵に手をを加えた最高のステージ?でした。
ゆったり時間をかけて歌おうと思っています。
そのころ秩父にいる方は来てくださいね。(要予約)

11月6日(日)  
そば処 英太郎~ 蔵の中 の 演奏会 ~  
 隠れ家風の おそばやさんで  美味しいおそば と 日本酒 と なごむ音
(場所)埼玉県秩父市中宮地町18-24 
(時間18時~御食事(そば小膳)19時半~コンサート
(料金)3500円【食事、コンサート入場料含む】
 予約:090-3590-1035 (そば処 英太郎)
 

Imgp0061

今回も秩父の友人が重いものの運搬やPAの設定などをサポートしてくれて2時かん歌ったりお話ししたりに打ち込めることができます。、、、、うれしいな!!

BOO

Imgp0063_2

2011年11月 4日 (金)

40年前のぼくを思い出させてくれた三峰コンサート。

三峰の紅葉まつりのライブはもう、、、とても素敵なロケーションで行われました。
紅葉の葉っぱさんが一枚一枚僕達の唄を聞いてくれているようでした。
そして真ん前にある大きなどっしりした山は白石山とも和名倉山とも呼ばれているほとんど人の立ち入りのないお山です。

Pb030094

Pb030099

背景のお山が和名倉山です。

Pb030095

一応クライマーだった僕は40年ほど前にここに登ったんです。
そのころ岩登り沢登りをほとんど毎週していたぼくが登ったのは、この大きな山容の真ん中に深く切れ込んだ「ワナクラ沢」。
次から次へと大きな滝を秘めている素敵で危険な沢でした。
このコースは登山案内書では2泊3日で登るように書かれていました。、、、それもテントでね。(でもBOOは両夜行で休暇を使わず行きました。もうこの頃は職場から山のかっこで出て朝はまた職場に帰って眠らず仕事をしているのが普通でした。)

僕は夜仕事を終えて出発、三峯神社入口の鳥居から当時まだあったケーブルカーの最終で秩父湖のとこまで行きました。、、夜の闇の中に月明かりの秩父湖が幽かに見えた覚えがあります。
あとは懐中電灯を頼りにかすかな踏み跡の小路を何時間も上がりました。
山鳥が足元から飛び立ち、心臓が止まる思いをしたりしてやっとのことで倒れそうな山小屋につきました。、、、、

もうね、夜の山道はいつもとても怖いのです。
背中に誰かがいるような感じがしたり、もののけに恐怖しながら歩くのですからね!!!

今回は本当にとびきり怖い夜道でした。
なぜそれなのに行ったのかというと実は昼間から先行した何人かの仲間の中に僕の好きな女の子がいたからなのです。ふふふ、、、不純ですね!

数時間の仮眠で大きな滝を寝ぼけ眼で登ったあの青春の頃を思い出しながら目の前の和名倉山をみながら今日はうたいました。

夢の様な不思議なものがぼくの胸にいっぱい去来しました。

BOO

日々思うことの原点に!、、日々の創造。

ふ~~忙し、、、、くてブログしばらく書けなかった。
その間照美はせっせと自分のブログ書いていたのできちんとした報告は照美任せになりました。
それで、、、BOOは時間も空間も超えて、、「ひびおもうこと、、」に特化しましょうね。

今月の20日にうちでのミニコンサートとても楽しみ。
病院に入っていたとき二人でひらめいたものがこの集いでした。
あちこちに行けなくても我が家でゆったりとした時間を唄を仲だちにして過ごせば何かいいことがありそうな、、本当にささやかな思いでした。
途中で雑穀料理のパクちゃんが参加することになってまた豊かさが一枚加わりました。

たぶんうちの部屋の広さから行って10人ちょっとしか入れないけど雑穀料理を食べながら、、、弥勒コンサートがどうなっていくかとても楽しみです。
僕たちも、うただけでなく、旅のことやいろいろ語り合いながら双方向の水平コンサート??にしたいなぁと思っています。

そんなささやかな集まりに、もう5人も申し込みがありました。
ありがたいなぁ。

おうちのエレピで『花』を照美のギター弾き語りとできることもうれしい、、、時間をあまり気にしないで歌えるのもうれしいなぁ。

エレピといえば11/27の地球愛祭りではBOO生まれて初めてスタンウェイというすごいピアノをひくことになって、、今からワクワクです。(はは、、2曲しか弾けないBOOの演奏をスタンウェイがどうむかえてくれるかなぁ。)

今月もいっぱいのライブや作品展を体と相談しながらこなしてくることができました。、、、、もういろんなサポートをしてくださった友人のおかげです。
何やらワクワクします。、、、、
わくわくわく、、、、、、

Pb020074_2

Pb020076

BOO

« 2011年10月 | トップページ