てるみのブログ

弥勒~みるく~ホームぺージ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

ろうけつ染めのホームページができました。

Imgp0002

今日は朝早起きで散歩も少し距離を伸ばしました。公園や小道をいっぱい歩きました。
ここいらは横浜とは思えないほど緑が多くていつも気持ちが癒されます。

P9290001

うちの団地は温厚な人がとても多く僕の想像だと、この緑や森、公園の多さもそういうことに一役買っていると思います。

かえってしばらくすると照美のお父さんおかぁさんが電車とバスでぼくのお見舞いに来てくれました。
お二人ともニコニコ、、、いつも対話が楽しくあぁ、、年取ったらこういうふうに生きればいいんだなぁというお手本夫婦です。
一山超えれば父母のお家なので帰りは4人マイカーででショッピングをして帰りました。

P9290002

みなさ~~ん

僕たちのろうけつ染めのホームページが出来ました。
http://boo-terumi.jimdo.com/
来月の10/14からの伊那谷での作品展とコンサートをイベントに書き加えましたのでお暇なときにでもご覧下さいね。

つい先ほど長野朝日新聞からの取材の電話があって紙面に取り上げてくれるとのこと、、、嬉しかったなぁ。

3000冊の絵本を展示している洋館風の建物はここのオーナー津金さんが長い年月をかけての手作り。
僕たちの絵本もここに展示されています。
今回はその原画展を重荷した作品展なのです。

是非周りの風景や、オーナー夫婦とお話ししたり、がてら遊びに来てください。
中央高速バスの『飯島バス停』から歩いてすぐのところですから!!

BOO

 

2011年9月28日 (水)

BOOの宝物はタオル!

今日はけつこう長距離の散歩。
うちのそばの森などを歩いた。

P9280073_5

P9280076

そして照美のご褒美が『蕎麦』、、本当はつけそばが好きなんだけど体を冷やすという理由であたたかいそば ,,,,でも十分美味しかったよ。(ほんと!涙でそうだった)。
毎日毎日玄米を何十回も噛んでいると以前気が付かなかった深い味が出てきてびっくりする。
それは他の食材でもおなじ。、、感謝感謝

P9280070_2

今日は、奈良の大倭紫陽花邑から。月刊おおやまと9月号が届いた。
今年の7月号はぼくの文章が載っています。(
http://www.ohyamato.jp/ohmotomiya/)から自由におおやまとは見れるのでお時間ありましたら、BOOの文章を読みがてら見てください。
40ねんほどまえ、の悩み多き若者だったぼくがアサヒグラフの記事を見て突然奈良までバイクを走らせて会いに行ったのがここ奈良の法主さん矢追日聖さんだった。

 

その後不思議な御縁が続き僕はこのおじいちゃん(法主さん)が大好きになった。
ぼくの宇宙観、世界観は法主さんに強い影響を受けています。

 

ことし11/12~13、奈良で。。矢追日聖生誕100年記念の会『かんながらの道」が開かれ13日は弥勒も唄いに行きたいと思っています。
懐かしい
人達にお会いできることを今から楽しみにしています。

そうそうぼくが入院した時、大倭から1枚のタオルが届きました。ぼくは今回の手術の日に首に巻いてもらいました。、、、、もちろん全身麻酔なので看護士さんには絶対処分しないでね、、と頼みながら。

 

今そのタオルはぼくの数少ない宝物なのです。

 

BOO

2011年9月26日 (月)

命のこと、大切なところは自分たちで決める。

今日は退院後初めての予約日で病院に行ってきた。
胃腸の薬をいっぱいもらって帰りました。ふふふ、、

夕飯にはいつもの酵素玄米粥の他に今まで出なかった食材が!
椎茸と、みかんジュース。
ぼくの体の中で成長したポンちゃん(癌)は陰性だったので、まづテルミが調理してくれたのは陽性の食事。
体質を陽にするために陰性のみかんとか椎茸は避けていたのですが退院後10日目の食事で素敵なチョッピリとした変化のプレゼント!!(まだまだ少量だけどね。)

でもね、昔の日本人の食事は今にも通用する優れたものだということがよくわかります。
昔の人は直感と経験で何がいいかを判断していた。
もちろん実験する理論もまだない時代だけどそれだけ、食、に対して現実的な感性が磨かれていたんでしょうね。

今てるみが始めている『ヒーリング霊気』だって、「お灸」、や『気』だって陰陽の食事だってむしろ科学で証明されている部分はまだ少ないけど、感覚を研ぎ澄ませていれば効果がいっぱいあるのがわかると思うんです。
ところが西洋医学では証明されたものでないと認めない傾向があるような気がする。

ぼくは人の感覚のほうが大事でいいとおもったら始めて証明は後世の人に任せればいいという感じ。

僕たちはそう思っているからお医者さんの意見も尊重するけど決定的なとこは自分たちで判断することにしています。(仮にそれで寿命が縮まってもそれはそれで仕方がありません)。、、、自分たちの意思で決めたことなんですからね。

それで、食事は陰陽の健康法を取り入れています。
あとはヒーリングベッドでびわの葉こんにゃく温湿布、びわの葉温灸、生姜湿布、里芋湿布。直傳靈氣、Oリングテスト、EM飲用水、友人から頂いた霊水、『有機ゲルマニューム』が主なものでけっこう楽しんでやっています。

陰陽の考え方は僕たちの友人が教えてくれました。それでごほんをいくつかよむとなっとくすることだらけだったんですよ~~。

「気を高める陰陽食事健康法。』、、日新報道

『万病を治す冷えとり健康法』、、、農文協

あとは、安保徹さんの免疫力、体温と健康の関係の本、指圧の本、自然医学の、昔の本もとても役に立ちました。

もう入院と同時にいろんな友人から言葉やメール、本のプレゼントなどでたくさんのご指導を受けそのどれもが役に立っている気がします。

改めて、、、皆さんありがとう。

BOO

2011年9月25日 (日)

退院一週間

退院1週間後、いろいろ試行錯誤を繰り返している。
食生活や病後のことの本を見たりずいぶんと勉強をした。
でもこれはこれからの目的ではなく健康の条件を作ることだよね。
な~~んてあまり硬くは考えないようにしているが、少し少し動いていこうという気持ちが強くなるのでオーバーワークにならないように気をつけている。。

昨日は、照美が覚えた『直傳靈氣』の教室の体験会に行った。
僕たちを含めて10人ぐらいでいろんな話をしたり霊気をかけあったり。
みんな普通の市民という感じでほっとした。
いちおう10月にぼくも講習会に参加することにしました。
ふたりで覚えるのがとてもいいみたい。
これからうちにくる人は霊気の実験台になってくださいね。

今日は近くの友人のおうちからの僕たちの絵本、「ここにいるよ」の注文があったので行ってきました。
その団地は丁度お祭りをしていて友人のおうちにもそこの窓から見た絵描きさんの水彩画がかかっていてパチリしたけどよくとれていないなぁ。

Cimg0083

かえってすぐ友人がお見舞いがてらに訪問してくれました。
いつもうちで二人だけで話したりしているので他の人が来ると気分転換になってとても嬉しい。
BOOはこの友人から、たぶん20冊近い本をいただいてます。今日のプレゼントは『自然医学の基礎』『天寿への自然医学』でした。

今のところ食事や、ヒーリングベッドで照美がしてくれる『霊気』『びわの葉温灸』『里芋、生姜湿布をしてもらったりハプニングの友人が来てくれたりの静かな生活を送っています。

Cimg0087

次のライブなどの予定は『1週間後の地球愛祭り、東京』でうたいます。

BOO

2011年9月21日 (水)

ヒーリングベッドがうちにきたよ~~

皆さん、、、ありがとう、いっぱい心配をおかけしました。
おそまきながら、ありがとうございます。

手術までの日にちその後も、点滴などで動けず、いつもいつも窓の外を眺めていました。何しろ病院は40年ぶりなのでなれないことおびただしいでした。
この病院で一番景色の良い窓でしかも窓際、、、とても恵まれた環境でしたのでいつも何かを考えたり感じたりすることができました。
自然の力ですね。

P9020005

P9130006

P9160018

そしてやっぱり支えられたのは友人たちの手紙や、テルミが日々持ってきてくれるメール、お見舞いに来てくれた方との対話、、、などでした。
あんまり心の強くないBOOはそういうことによって支えられていました。多分そういう励ましが無かったらBOOはどこかに紐の切れたたこみたいに飛んでいってしまったと思います。
それほどぼくは弱い存在なんだなぁと思いました。
涙腺が開きすぎたBOOは何回も泣きましたよ。
本当に友人は大切です。
特にてるみには何遍ありがとうと言っても足りない1ヶ月でした。
大切な多くの存在をしっかりわからされたことはとても大きな事でした。

今日はヒーリングベッドなるものが届きました。
習い覚えた「直傳靈氣」をぼくにする為です。
びわの葉温灸もしてもらいました。
うつぶせでも呼吸が苦しくないような仕掛けがあってする方される方が楽になれます。
レイキは、入院してからいろいろな友人が全国から僕に知らないうちに遠隔ヒーリングをしてくれました。
時々体が熱くなるので『あ~また誰か送ってくれてるんだなぁ』とおもいました。

もう少ししたら里芋とびわの葉を使った治療も試してみます。
もうね、、全ててるみにおまかせ。またまたBOOは子供になってしまいましたね~~。
どこかでカッコいいBOOを見せたいのですが!

BOO

2011年9月20日 (火)

入院生活を振り返って ①

ぼくの今回の病は胃癌でした。

僕たちは癌を『ポンちゃん』と呼ぶことにしました。
ポンちゃんは僕の細胞が変化したものですからあながち敵視することは当たっていません。
今回は胃の出口付近にできたので食べ物の通りが悪くなったために、手術でどいてもらうことにしました。ごめんねポンちゃん。

ポンちゃんへの僕の感想は以上です。

病院に即日入院し、落ちた体力を回復するために点滴の管とかいろいろ毎日検査をしたり手術の日を待ちました。
もう40年以上も病院に行ったことがなかったのにうまれてはじめてCTスキャンとかレントゲンとかいっぱいの放射能を受けました。
そのあいだいろいろなことが胸を去来しました。
そのひとつはなんと、、、「ここにいたら本当に病気になる。」という妙な思いでした。、、、、ふふふ、もう病気なのにね。

それで手術前に3時間だけ点滴をはづしてもらい、我が家に一時帰宅をしました。
ぼくがたんせい?を込めて育てた葡萄、枇杷、柿などお庭の植物がざわざわと迎えてくれました。

そしてふとピアノを弾きたくなり『花』をポロンポロンしてたら照美がギターを取り出し合奏になりました。
ついでに録音をしたのをユーチューブに載せました。

花、、の合間の写真も照美が編集してくれました。
赤穂の普門寺の尼さん、
ぼくの育てた葡萄。
ぼくの作品
病室のぼくのためにつくってくれた、枕、風景。

かえってなんだかいっぱい涙がこみ上げてきました。

僕はこの病を発してから、前から緩かった涙腺が何倍もゆるくなって、照美が持ってくる皆さんからの手紙、情報など一つ一つに涙がぽろぽろこぼれました。
見舞いに来てくれた友人と一緒に大泣きしたり、、、、あぁどうしたんだろうなってね。

すべて感謝の涙ばかりで、ぼくは世界一幸せだなぁとつくづく思わされる毎日でした。

BOO

2011年9月18日 (日)

退院後の初ライブ

退院後3日目の初ライブ

P9180033

P9180036

P9180037

少し照美の心配顔をうけながらも、30分無難に歌うことができました。
何もリハをやらなくて果たして声が出るのかなぁと気にしながら、、、でも杞憂でした。
歌い始めた途端に幸せオーラが自分を包んでくれました。

本当に、歌えることの感謝を体いっぱいで表せたと自分ながらには思っています。

今日は自宅から徒歩30秒の僕たちの住んでいる団地の年一回の敬老会でした。
日ごろ顔見知りの方、がちらほら、、、、あ~~また知り合いが増えていくな~~。

P9180024 ライブの前の朝ごはん、
退院からすぐ照美が主治医になり栄養士になって僕の料理もすべておまかせ。
それがね!
病気柄ゆっくり食べることを云われ、入院中からほぼ40分以上をかけて食べている。
それが、いっぱいかんで味わってゆっくり食べると素材の美味しさが次から次へと口の中に広がってくれる。
いつも旅の連続で、テレビや新聞を見たりしながら食べる食事もしたりしていてきた身にとってこれは大発見であった。
食べ物への感謝は手を合わせるときだけということでは思いが届かなかったわけである。

今からもこうやって隣り合わせで食べ物や生活の話をしながらゆっくりゆっくり食べることを続けるため部屋や机のレイアウトも変えました。

ありがとう。

BOO

2011年9月17日 (土)

退院しました。

皆様、ご心配をおかけしました。

昨日退院となりました。

この1ヶ月、皆さんの深い友情のおかげでこうして戻ってこれたこと、感謝の思いでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

昨日から買い物などに出かけたりしてましたが、、、てるみにドクターストップをかけられ今日は一日おうちにおとなしくしていました。

明日は私の住んでいる街でのライブ、無理せづ何曲か唄おうと思っています。

少し少しまたみな様のお仲間入りをはじめますので宜しくお願いします。

この入院、病気のおかげで今まで気が付かずにいた事の学びをいっぱいさせてもらいました。
それは本当に意外なことで、これから時々書いていこうと思っています。
病気にならなければわからないことで身を持って学ばされたと思っています。

入院前と外見が変わったのは少し痩せたことと以前より何倍も涙もろくなったことかなぁ。
もちろんかなし涙ではなく、「なんて、ぼくはしあわせなんだろう。」と何十回も思わされました。

10月からまたいっぱいライブをはじることができますが、以前のBOOではないBOOになろうと思っていますので、皆さんまた、宜しくお願いします。

Cimg0072

BOO

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »