てるみのブログ

弥勒~みるく~ホームぺージ

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

行ってきま~~す、ありがとう。

もう茨城から3日、、、この頃時間の立つのがはやくて1ヶ月前が半年前ぐらいになってしまう。

旅をして人のおうちに泊まるなんて考えられなかったぼくたち。
それが今はお泊りのお誘いには時間が許せば渡りに船でお頼みしてしまうようになった。
夜遅くまで色々なお話がおおきな学びになることが多いいのです。
それに深く話しあうと不思議なリンクがぽろぽろ、、、、日本って狭いんだなぁと思ってしまう。
そしてそのリンクどうしがまた僕たちの知らないところでリンクしていったりするありがたさ!!
なんだろうなんだろうと頭を巡らすといろんな意味が含まれている。、、、、というよりみんな初めから決まっているんだなぁと思ったほうが自然。

P3270022

P3290207

P3270041

自分たちでだけで計画を進めていくと難しいことが多々あるけれど、、、人からはいってきた出会いは大抵うまく行く。

今から出発する宮城被災地への旅も!!
友人からのお誘い。
そういうことごとはほとんど受け入れるのです。
大切な用事が入ると予定していたことまで延期になったりして席を譲ってくれるみたいですね。

そういうわけで、行ってきます。

茨城ではじめて唄った新曲いろいろなところで歌いたいなぁ。

2011年3月30日 (水)

ぼくたちはこどもたちに守られているんだ!

今日はぽっかりあいた日。
ろうけつ染めの仕上げ。
今回は昨年の応募展の二の舞をしないよう(まにあったけどね)に早くからとりかかったので少し気持ちが楽。

昨日までの茨城のことをぼ~っと振り返っている。

聴き手の方たちのお力でいいライブが3個で来たと思っている。
僕たちの絵本「ここにいるよ」、、こども、おとなたちにすこしはほめられたようなきがする。

でも強い印象は

こどもたちのこと!
どんなにキツイことがあっても子どもたちの元気な笑顔を見るとうれしくなる。、、、、、それは僕達だけでなく誰でもそうなんだ。
かけがいのないもの。

大人たちはその笑顔を守らなければいけない。、、いやほんとうは。

守られているのは大人たち。
赤ちゃんもこどもたちも無心の笑顔で周りのみんなを元気づけ守っている。

P3270061_3

P3260011_3

どこにいってもそのことをつくづくかんがえさせられている。

その笑顔が曇らぬようにぼくたちおとなはいい環境を作らなくてはならない。

この地球の大自然と共存していくようにするのが大人の最大の役割。

人が作ったプルトニュームは半減期1万五千年にもわたって放射線を放出し周りのすべてを破壊していく。

原発を進めていこうとする人たちをただ攻撃するのではなく、柔らかい叡智でわかってもらうようにねばりづよく働きかけていこう、、、。
花と笑顔とお日様のようにぽかぽかふんわりと硬い衣を脱いでいってもらおうよ。

ぼくにとってあの日から「世界は全てが変わった」と思っている

「対立ではなく、お互いの話を聞く。

かんしゃとけんきょ」、、、、が変わった世界のキーワード、、、ふふ、、、のんびりしたことをいって、、といわれそうだけどね。

BOO

茨城から帰ってきました。また4/1~4/5まで今度は宮城に行ってきます。

今茨城の旅から帰ってきました。

そして4/1~4/5まで宮城の被災地、亘理町、山元町に行ってきます。

4/1は2時ころまでおうちにいますのでもしお菓子類などが余っている方は我が家にお持ちいただければ嬉しいです。
車には楽器寝具など満載になりそうなのでかさばるものを持っていくことができませんので。

茨木ではいっぱい感動をいただき皆さんに感謝です。
写真だけ載せてまたおいおい書こうと思っています。

P3260005 P3280112

P3270035

P3270036

P3280087

P3280168

P3270061

P3270048

P3270028

P3270027

P3270022

P3270018

P3260011

P3270041

P3280096

P3280188

P3280165

P3280177

P3280177_3

P3280185

P3270061_2

P3280185_2

P3290207

2011年3月25日 (金)

明日から茨城にうたいにいきます。

ここ2~3日
照美があやつり人形をつくったり

Imgp0687

Imgp0686

このまえいただいた麹でお味噌作ったり。

Imgp0688_3

停電の中懐中電灯のもと歌の練習をしたり

Imgp0695

うちの団地集会場に「停電で寂しくて不安なひと来て下さい」、、、と書いてあったんでギターを片手にでかけました。

でも集まっている方はみんな元気な女性ばかりでした。

5曲歌って楽しいひとときを過ごしました。

Imgp0696_2

明日から茨木に歌いに向かいます。
常陸太田と水戸です。

ありがとう。

2011年3月22日 (火)

自分たちの歌シリーズ その2 

この前は僕のろうけつ染めの作品をバックにし、
今回は思い出の写真を入れた。

ふりかえってみればほんとうにさまざまなところに行ってすてきな人達にお会いできた。
こうしてそのひとふしひとふしをみていると、、、、
僕たちは本当にたくさんのひとの笑顔にたすけられてきたなぁとあらためて思う。

これはあるべき未来の姿、誰でもがもつ柔らかい未来への祈りのような気がする。
自分たちの絵や歌なのになぜかそう思います。

唄も映像も作品もぼくたちの手のなかから離れ大空に飛び立っていく。、、、、ことをねがう。

茨城の常陸太田というところで農業をしている友人のところでのお祭りにライブを今月することになっていた。
今度の地震の原発から約100キロのところ。

美しい田園地帯で、ほうれん草も栽培していた。

お祭りは中止になったけど、ぼくたちはあそびにいって歌をうたったり彼女の子供たちと再会したり畑仕事をてつだったり(できたらいいな。)お泊りで行くことにした。
電話口に出た子どもたちの声、、になぜかうるうる。


こういう時こそぼくたちの歌がやくにたてばいいと思う。
(もちろんご迷惑にならないようにね。)

東北関東大震災 原発震災
こころがいたみゆれます
空と大地とあなたと手をつなぎたい

2009年から始まった弥勒の旅の中で生まれた唄
旅先で出会う大自然 人々とのつながりのなかで生まれました
唄の背景にある 大切な写真を一緒に添えました

タイトルなしのまま、タイトル募集中と言いながらライブで唄っていましたが
ある日お客さんに「ソラちゃん」という女の子がいました
ソラちゃんの好きな男の子の名前は「ダイチくん」なんだよ と教えてくれました
空は大地が大好き
大地も空が大好き
いつだって手をつなぎたい
なんだかうれしくなって  「空soraと大地daichi~手をつなぎたい~」というタイトルにしました
sora  と daichi と入れたのは なんとなくローマ字標記したくなって


春分の日の今日
家で二人で録音しました
大勢で唄いたいなぁと思って 二人で2回ずつふたって4人にしました
いつか・・・みんなで一緒にうたいたいです



2011 春分 よこいひでお よこいてるみ

mixiよりコピー

2011年3月20日 (日)

お庭でぼ~っと思った。

いろいろな人がいろいろなことを書いている。
みんないっしょうけんめい。
みんながなにかやることをかんがえている

あの地震から約一週間。
あの東北道を走って山形から帰ってきたのがその2日前。
あれから、なにか世界が変わったという思いになったまま。

ボクたちはごく最近作ったうたをこのブログでアップしたり旅をしたり毎日暇さえあればろうけつ染の制作をしている。

うたを歌っている時と絵を書いている時、楽しい会話をいろいろな人と話している時が僕自身を支えてくれている。

今日いつものように作品をお日様に当てて干しながらボーッと思った。

Imgp0678

Imgp0677

今はおだやかにこころが遊ぶことをするんだ。
今はそれがとても大切な時間。

そのうち、しなくてはならないぼくたちにしかできない役割が見えてくるようなきがする。

さっき九州にいる僕の長女からいろいろなものがとどいた。
原発の放射能から甲状腺を守る海藻類などいっぱい。

嬉しいな。

Imgp0680

BOO

2011年3月19日 (土)

突然の旅。

5日間、三重県に行ってきました。
突然の友人の誘いですぐうちから出発。。

いろいろな人にお会いしたり、
みんなでご飯を頂いたり、
今おきている出来事を語り合ったり、

ごく普通の生活のようで、、、、、
うまれてはじめて体験した学びがいっぱいあったり、

おわかれは弥勒ライブで、夜どうし感動で眠れぬ東名を走り続けました。

P3160137

Imgp0664

そして今日お昼からろうけつをしていました。

P3190141

BOO

2011年3月15日 (火)

今三重にいます。

弥勒は今三重県の友人のお宅に昨日からいます。

しばらくこちらにいます。

モバイルを持ってきていますのでネット環境は大丈夫です。

BOO

2011年3月13日 (日)

作品がつくりだしてくれた御縁

今日は一日中作品つくり。
2枚のおおきな作品をつくっている。

Imgp0657_2

Imgp0659_2
ことしも応募展に出すために!
まだまだ完成の3分の2ぐらいかなぁ。
この橙色の絵は幾つもの試作シリーズの集大成。

下の絵がシリーズのはじめに描いたもの。
秩父のライブの時にサモア島在住のソラちゃんにお嫁入りした作品。
、、彼女は、この絵を見たとき「地面にお尻をついて木を背にし、うたいながら最期まで見届ける、、、」という約束を思い出したと言って買ってくれました。

Dscn2252

不思議な言葉でふしぎなひとだったなぁ。

ごく最近二つの歌がうまれました。
そのひとつです。
「花いっぱいになぁれ」
何か「今」にリンクしているような気がする。
うまれたきっかけは僕達が10年ほど前に出会ったお年寄りの聞きがたり。
大空襲で焼夷弾が当たって大やけどをした鋤柄さんのこと。

BOO

2011年3月12日 (土)

地震の日

大学受験の北海道から帰ってきた郁也が唄の稽古と北海道の話をしに来た。
彼はいつも突然あそびに来るのであるが、今日は地震の日に来たのだった。

Imgp0636

Imgp0650

突然揺れが始まりボクたちはお庭から生垣の外に出た。
それと同時に停電しボクたちはこの地震の恐ろしさをあまり意識せずに夕方からろうそくをつけて唄の稽古をした。
もちろんぼくはろうけつ染めに!

あ~~いつまで停電するんだろうと車からラジオを持ってきてだんだんことの重大性に気がつかされた。

そのうち近所の方たちが子供連れで我が家に集まった。、、みんな不安を抱えて。

Imgp0653

テレビが見れないのだけどラジオでも大変なことが分かってきた。

11時過ぎに電気が通じてテレビの画面を見始めた。
何回も、、、これは現実ではないのだ!、、と自分で想おうとした。

そして1日たった。
いろいろあって今自分として言えることは、この恐ろしい体験をこれから乗り越えていくのにはわたしたちが謙虚で感謝を元にするいきかたをとれていけるかにかかっているような気がする。
もちろんぼくにとっても、、、、

人々のいがみ合いは互いのこころを傷つけ、大自然の摂理と遠くへだたりあらゆるもののバランスを崩していくことになるのだと思う。

どうすればいいのだろう。
何回も祈った。

BOO

2011年3月10日 (木)

山形の帰り、、、病院でライブ。

山形からの帰りは車中泊のあと埼玉に回りました。
友人のおかぁさんの入院先での誕生日に歌って、、、ということで。

他のお部屋の患者さんたち、そのご家族さん、看護師さん、など職員さん、病棟の部長さんも来て賑やかなライブになりました。

110309_15

110309_16

110309_17

110309_24

110309_34

そのロビーは関東一円、武甲山、富士山も望めるとても気持ちのいいお部屋。
30分、なにか歌い手聴き手、ではないこころ交わる不思議なライブになりました。

窓には僕のろうけつ染めの作品を飾り、その遠くの森や一人ひとりのお目目をのぞきながらうたいました。

何か山形の心を集中した旅の疲れなどがどんどん溶けてなくなっていきました。

ありがとう、、、みなさん。

BOO

2011年3月 9日 (水)

山形、絵本作りの旅


山形道に入る頃は真夜中だけどまだ全くの冬景色。

Imgp0564

Imgp0567

Imgp0568

山形道は途中の月山湖で大雪崩のためにひと区間不通。
普通国道も夜間は通行止

そのあいまを縫って鶴岡に朝つきました。
目的は僕たち二人で作る「絵本、、、ここにいるよ」の最終の詰め。

Imgp0587

Imgp0601

Imgp0604

Imgp0625

2日間アート写真印刷社長の丸山さんにはつきっきりで指導を受けることができました。
丸山さんの忙しいところ絵本作りの具体的な作業に立ち会うことができました。
もうほんとうに感謝。、、、、染色の僕の作品の写真のとり方、
写真のパソコンによるページの構成編集をテルミが教えてもらいました。

今回は3冊の本が完成しました。
ふふふ、、乞うご期待です。

帰りの山形道は吹雪状態。
久しぶりの雪道を緊張しながらも楽しく走りました。

今回もお宿はギャラリーウッズのK子さんのお世話になりました。
夜までお仕事をしていた、Nちゃん、Kちゃんに昨年の暮以来の再会。

朝お窓の外の日の出がうつくしかったなぁ。

BOO

Imgp0582_2

2011年3月 5日 (土)

我が家スタジオのレコーディング。

きょうも僕がお庭のお日様のもと、ろうけつ染めをしているときメジロちゃんが脇でみかんを食べていました。
目白は僕がいるとヒヨドリが来ないから安心しているみたいですね。

居間は今全体がアトリエ状態。
応募展に送るまでこれが続くのです。
作品作っているときは没頭。、、、とても幸せなひとときなのです。

Imgp0563

そして新しいCDのための予備録音。

Imgp0560

Imgp0562

新曲「蛇の唄」、、、、吉野の山奥に一緒に行った蛇研究科のIさんのこと。、、、、、フフ、、いい歌ですよ。

さ~~て明日は山形に向かいます。
絵本の最終打ち合わせ。
雪が少なければいいんだけど。

BOO

2011年3月 2日 (水)

大作スタート、、うた三線クラブ。

きょうは一日中昼間は応募作品の制作。

Imgp0548 

畳より大きいのを二つ、、、だから応接間もアトリエ2に変身です。、、つまり2ヶ月。

夕方からはうた三線クラブの例会、
今日も賑やか、終わりの30分は踊り3個の練習になりました。
おチビたちも踊りに参加、かわいかったなぁ、、、、。

Imgp0552

Imgp0553

Imgp0558

2011年3月 1日 (火)

きょうは僕の法律上の誕生日。

きょうは僕の法律上の誕生日。
本当は閏年の2/29生まれなので4年に一回しかきません。

おふくろがそれではかわいそうと1日に届けてくれたそうです。

それでテルミのプレゼントは映画を見に行くこととおいしい料理。

それでなんとかシネマという幾つもの映画が同時に上映してるとこ。
ネットで調べて「ナルニア国物語」という3DのSFもの。

動物が話したり恐ろしい悪魔のドラゴンとの戦いがあったり。

SFって僕にとって全く違和感がありません。
この世の中でもいつ始まってもおかしくないと思いました。

ときどきろうけつ染めのモチーフという視点になってたり、、、ふふふ、、、楽しかったなぁ。

ぼくは楽しくてハッピーエンドが好きなので、、、ぴったりだった。、、、、なんせあの「この紋所が目に入らぬか~~」の黄門さんのようにどんな怖い目にあっても安心して見れるしね。

明日晴れるといいなぁ、、、公募展の作品作りの締切りが4月の末だから!!

BOO

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »